【一般参加募集】2021年 田んぼアート 稲刈り会について

平素は当会の活動にご理解賜り御礼申し上げます。

つくばみらい市の広報や地域誌、SNSにて取り上げていただきました、当会の田んぼアートの稲も順調に生長し、以下の通り稲刈り会を行います。

一般参加は以下の通りです。
先着順にて予約を承ります。
事前予約制です。予約なし参加は承れません。



●日時と定員
計2回行います。1回あたり2時間程度の予定

令和3年10月17日(日)10時開始、14時開始
各回 2家族または2グループの定員枠で実施


●実施内容
鎌を使った稲刈り、穂束の束ね、はざ掛け 等
お米の一連の収穫作業を体験いただきます。
※例年実施する お食事の提供、収穫祭は見送ります。


●申し込み方法
下のリンク先にある田んぼアートのチラシ(2020年分です)に記載の連絡先までお電話ください。
お電話にて希望の日時と人数をお申し出ください。
PDFはこちら


●参加費用
1家族/グループにつき、
チラシに記載の田んぼアート協力金1口分(5,000円)にてお願い申し上げます。


●その他
○会場について
田んぼアート現地に開始10分前までにご参集ください。

★場所★
茨城県つくばみらい市下小目地区
Googleマップ参照
田んぼは県道46号野田牛久線沿いにあります。


○服装について
田んぼに入り農作業を行います。
長袖の汚れても良い服装と軍手、長靴をご用意ください。
(お子様によっては虫取りに夢中になることがあります。虫取りの準備があるとよろしいかと思います。)


○稲刈り会の内容変更について
本稲刈り会は、新型コロナウイルス感染症の状況を見極めながら、行政機関からの助言等も踏まえ、感染予防に配慮して行います。
社会情勢を鑑み、内容変更や中止の可能性もあることをあらかじめご了承ください。


よろしくご検討のほどお願い申し上げます。

※写真は2021年7月19日時点の様子です。
2021-07-19

2021年度田んぼアート 田植えを行いました(協力金の募集について)

2021年5月18日から23日にかけて田んぼアートの田植えを行いました。
田んぼアートは梅雨明けの6月末頃より見頃となり、9月まで稲の生育とともに彩りが変わる様子を鑑賞できます。今年も是非ご覧ください!!
併せて運営のための協力金募集のお知らせもいたします。


●今年のデザイン
感染症対策での心の疲れが出ている方もいる中で、
人と人との助け合いを大切にし、
明るい希望が持てることを願ったデザインにします。
当会のマスコットキャラクター「たんぼう」がカエルと元気に跳びはねる様子を描きます。
田んぼアートデザイン


●田植え風景
作業当初は梅雨のような陽気が続きましたが、22日・23日は降雨がなく、
一般参加の方も加わって、無事田植えができました。

田植え風景

稲の苗

彩のきずなは緑色


★参加協力金の募集について★
古瀬の会では田んぼアートへのご協力(参加協力費)を募集します。
一口 5,000円よりお願いしております。
ご協力いただいた方には田んぼアート終了の10月に一口当たり
つくばみらい市産 新米5Kg または黒大豆1Kgを差し上げます。
お申し込みは電話・FAXにて承ります。
ご連絡は昨年度の募集資料に記載の連絡先までお願い申し上げます。PDFはこちら


●田んぼアートの場所について
田んぼの場所:茨城県つくばみらい市下小目地区
Googleマップ参照
田んぼは県道46号野田牛久線沿いにあります。全景をご覧いただける現地展望台を田植え完了後に設置予定です。
また、つくばエクスプレスの下り線、守谷からみらい平に向かう途中でも見ることができます。


●稲刈りイベントについて
稲刈りイベントは10月11日(月・祝)の予定です。
詳細は改めて当サイトにてご案内します。


今年度もぜひ田んぼアートをお楽しみください!

2021年度 田んぼアートのご案内(5/11更新)

(記載内容を更新しました。)
平素より当会の活動にご理解賜り、お礼申し上げます。

毎年好評の田んぼアート。今年度も実施いたします。

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止に協力するため、
開催方法をご案内申し上げます。
ご不明な点がございましたら、昨年度の募集資料に記載の連絡先までお問い合わせください。

●田んぼアートの田植えの実施
2021年5月22日 土曜日(荒天中止)
午前と午後に各2組 田植えの体験を承ります。
お時間は10時スタート・13時スタートで2時間程度にて応相談です。

※体験希望のご家族は後述の協力金へ一口以上のご参加をお願い申し上げます。


●田んぼアートへの協力金の募集
例年同様に募集します。
一口 5,000円。
ご協力いただいた方には田んぼアート終了の10月に一口当たり
つくばみらい市産 新米5Kg または黒大豆1Kgを差し上げます。

協力金へ参加希望の方は後述の問い合わせ先にご連絡ください。


●今年のデザイン
感染症対策での心の疲れが出ている方もいる中で、
人と人との助け合いを大切にし、
明るい希望が持てることを願ったデザインにします。
当会のマスコットキャラクター「たんぼう」がカエルと元気に跳びはねる様子を描く予定です。
田んぼアートデザイン


●問い合わせ先
昨年度の募集資料参照 こちら


今年度もよろしくお願いします。
写真は4月25日現在の苗の育成状況です。
育成状況2021

関係者向け連絡:2021年度定期総会の開催方法について

関係各位

平素は当会の活動にご理解賜り厚く御礼申し上げます。

2021年度(令和3年度)当会年次総会の開催方法について連絡します。
今年度も、新型コロナウィルス感染症対策のため、会場集合の開催は行いません。
代わりに会員への議案書面配布による書面議決方式を採ります。
詳細は配布される議案書を参照願います。

主な議事:前年度決算報告・今年度活動計画

また、総会で行っておりました年会費のお支払いについても、総会資料配布の際にお支払いいただけますと大変助かります。


★活動に関するお問い合わせ★
ご不明な点はこちら等に記載の連絡先にて承ります。


今後ともよろしくお願いします。

令和3年「あわんとり」(どんと焼き)を行いました。

令和3年1月10日(日)につくばみらい市寺畑地区伊奈橋そば(小貝川河川敷)で「あわんとり」を行いました。

「あわんとり」とは、一般に言う「どんと焼き」のこと。
NPO法人があるつくばみらい市のほか、茨城県南地域での呼称です。
かつては子供達が主体のイベントでしたが、今では験担ぎで地域イベントになっています。

当日は晴天に恵まれました。
今年は新型コロナウィルス感染症の影響で周辺市町で成人式が中止になるなど、社会的影響が続くなか、せめてもの厄払いになればと思い開催しました。

どんど焼き2

あわんとり2021

どんど焼き4


予定通り15時に点火。みるみるうちに燃えていきます。30分程度で熾火(おきび)の状態に。熾火で焼いたものをいただくと、その年は無病息災になると言われております。当会で生産する餅米「太郎兵衛」のお餅を焼きました。

あわんとり2021-3



どんど焼き11

おかげさまで無事滞りなく終了。しばらくマスクの手放せない生活が続きますが、よりよい一年となるでしょう。

古瀬の会にご支援いただいている皆様におかれましても、お体十分ご自愛いただき、良い年になるよう祈念申し上げます。

1/14 >>