平成30年度 田んぼアートの田植え会が行われました

平成30年5月20日(日)、恒例の田んぼアートの田植えを行いました。
今年のテーマは「生きる力を育む」です。
ikirutikara.jpg

当日は天気に恵まれ、まさに田植え日より!
地元つくばみらい市や東京都などから40余名のご家族連れなどが集まりました。

開始当初の北風も弱まり、さわやかな好天下、朝10時より田植えの開始です。
setsumei.jpg

みんなで田んぼに散らばり、手分けをして稲を植えていきます。
田植え


午前中一通り田植え後は古民家松本邸にてお昼ご飯。
かまど炊きのごはんと野菜料理でシンプルにいただきます。
一休みしていただき、イベントは終了となりました。
お昼ご飯

見頃は約1ヶ月後。6月後半から7月です。
田んぼアートは現地見学(下の地図参照)がおすすめです。
昨年好評だった展望台を今年もご用意いたしました。
(早速田植えを見学なさっている方もいらっしゃいました。)
展望台


また、つくばエクスプレス 下り線 守谷〜みらい平間の車窓で見ることも出来ます。


田んぼアート収穫祭は平成30年10月7日(日)を予定しております。

詳細は別途ご案内します。どうぞお楽しみに!

葛飾区にて田植えの手伝いをしました

5月4日、葛飾区郷土と天文の博物館前にある田んぼにて田植えを葛飾区の皆さんと行いました。

当会は博物館の「田んぼジュニア」活動にて委託を受けており、本日はその活動の一環です。

本日は田植えに恵まれた心地よい日和。朝から約30名のご家族連れ、活動サポータの皆さんが集まりました。
(博物館と田んぼ)
博物館と田んぼ

10時頃より田植えを開始。みんなで横並びになり、等間隔に印を付けたロープに沿って苗を植え付けていきます。
田植え風景

1時間程度で田植えは終了。終わった後は田んぼに住んでいた生き物を鑑賞しました。(田んぼには何故かカルガモが住んでいます)
生き物の様子

今後、草取りなど田んぼの活動は続きます。無事秋に収穫が迎えられますように!

田植え後

平成30年度 田んぼアート 参加協力のご案内

毎年好評の田んぼアート。平成30年度ももちろん実施します!
以下の通りご案内します。
場所は昨年と同じ場所となります。
テーマは詳細を詰めていますが、「生きる力を育む」をテーマにします。


古瀬の会では田んぼアートへのご協力(参加協力費)を募集します。
お申し込みは電話・FAXにて承ります。
詳細は下のチラシをご覧ください。PDFはこちら


★日時・場所について★
田植えイベントは5月20日(日)、稲刈りイベントは10月第1週の予定です。

集合場所住所:茨城県つくばみらい市下小目地区
Googleマップ参照
田んぼはつくばエクスプレスの下り線、守谷からみらい平に向かう途中で見ることができます。

前年を含め例年の模様は当サイトにて掲載してございます。


★協力費について★
協力費一口で一つのイベントに無料参加が出来ます。
⇒田植えイベント、稲刈りイベントの両方に参加の場合、二口必要となります。

協力費一口で参加できる家族の人数は4名までを目安とさせていただきます。


今年も皆様のご協力をお願いいたします!!

tanbo2018.jpg

無農薬コシヒカリオーナー募集のお知らせ

古瀬の自然と文化を守る会では、
平成30年度「無農薬コシヒカリオーナー」を募集いたします。

当会では田んぼアートなど無農薬を志向した稲作を行っており、収穫したお米は東京都内の方々などに好評をいただいております。
今回は15口分のコシヒカリオーナーを募集します。
日常の手入れは当会が中心に行います。オーナーの皆様は収穫祭などの農業イベントへの参加ができます。

またとないこの機会にぜひオーナーにご参加ください。


●申込期間=平成30年3月1日〜4月27日
●募集口数=限定15口 (先着順)
●料金 (1口) =18,000円
※無農薬コシヒカリ新米30Kgをお譲りします。
※当会が主催する農業イベントにご家族、ご友人と一緒に参加できます。

●問い合わせ先
後述のリンク先参照

●リンク先
本案内はつくばみらい市の広報誌「広報つくばみらい」2018年3月号の10ページに掲載がございます。
⇒広報誌はこちら
⇒記事の抜粋はこちら

皆様のご参加をお待ちしております!

稲穂

2018年 あわんとり(どんと焼き)を行いました

平成30年1月14日(日)につくばみらい市寺畑地区伊奈橋そば(小貝川河川敷)で「あわんとり」を行いました。

「あわんとり」とは、一般に言う「どんと焼き」のこと。
NPO法人があるつくばみらい市のほか、茨城県南地域での呼称です。

当日は晴天・微風となり、絶好の日和に恵まれました。
今年はいつになく飾り物が多い年。幸先の良いイベントとなりました。
あわんとり20180114

今年はつくばみらい市役所のSNSにて宣伝があったこともあってか、市内を中心に市外の方々を含めて多くのご来場がありました。


予定通り15時に点火。みるみるうちに燃えていきます。20分で熾火(おきび)の状態に。熾火の状態で書き初めを燃やしたり、お餅を焼いたりして楽しみました。
あわんとり20180114-2





無事滞りなくあわんとりは終了。今年も良い年となることでしょう。
古瀬の会にご支援いただいている皆様におかれましても、良い年になるよう祈念申し上げます。

平成30年1月「あわんとり」(どんと焼き)のご案内

平成30年1月「あわんとり」(どんと焼き)について、日時と場所をご案内します。
正月飾りなどをご用意いただき、ご家族皆様で新年の無病息災を願いましょう。


日時:平成30年1月14日(日)15:00点火
場所:場所:茨城県つくばみらい市寺畑地区 小貝川河川敷(伊奈橋そば)
Googleマップ



●あわんとり について
一般的に「どんと焼き」と呼ばれる小正月の火祭りです。
茨城県南部の一部ではあわんとりと称します。
例年の様子は当サイトの毎年1月の模様を参照ください。


●本行事の見どころ
写真の通り、竹を多用した大きなやぐらを建てて行います。
新春の空に映える様をご覧ください。
点火後の燃え盛る様も注目です。
また、点火後は餅焼きなどもお楽しみいただけます。


●ご参加について
予約などは不要です。当日現地へ直接お越しください。


●お問い合わせ先
担当:小菅(090-3316-0539)

あわんとりの様子

年越し準備:餅つき会を行いました

平成29年もそろそろ終わり。当会では12月28日・29日年越しの準備で餅つき会を行いました。

餅米には粘りとコシの強い「太郎兵衛」を使い、
・精米したお米でついたもの
・玄米のままついたもの
・黒米を混ぜたもの
以上、3種類をつきました。

つく作業には機械を使いますが、お米を蒸らすところから伸し餅にするまで殆ど手作業。多くの方々にご協力いただきました。
・・・多くの方々は28日の当会の忘年会がお目当てかも知れませんが・・・。(^^ゞ

前準備を含めて1週間。
今年も重さ1.5KGの伸し餅を100枚以上を無事作ることができました。
餅つきの様子


29日は活動拠点である古民家松本邸の片付けを行い、今年の活動は終了となりました。

今年もおかげさまで無事に活動を終えることができました。活動にご協力いただいている皆様に改めてお礼申し上げます。
来年も引き続きご支援のほどお願い申し上げます。
よいお年をお迎えください。

追伸:29日の作業のお昼ご飯は呉汁でした。食材は全てつくばみらい市産。大豆には青大豆を使用しました。呉汁は日本各地でいろいろな食べられ方をしていたそうです。呉汁についての説明はこちら
呉汁

平成29年度田んぼアート稲刈り + 収穫祭が行われました

平成29年10月8日(日)に今年の田んぼアートの稲刈りと収穫祭が行われました。

午前中は田んぼアートの稲刈りです。
今年はご家族でお見えの方もあり、都内・つくばみらい市などから合計で39名の方が集まりました。

稲刈りでは、主に田んぼアートの文字部分の稲を刈り取りました。
稲刈りの様子


おにぎり弁当の後、午後からは収穫祭。
会場を つくばみらい市寺畑地区 小貝川河川敷に移して参加者で農機具体験、餅つき、灯籠作りを楽しみました。
収穫祭の様子


日が暮れてきたところで小貝川に恒例のとうろうを流しました。
300個の灯籠が小貝川を飾ります。BGMはさだまさしさんの「精霊流し」。
河川敷や伊奈橋の上から鑑賞しました。
とうろう流しの様子


おかげさまで今年の田んぼアート+収穫祭も無事終了しました。
今年は多くの方に田んぼアートを鑑賞いただき、改めてお礼申し上げます。
会ではこの秋に芋掘り大会など秋の実りを体感するイベントが続きます。

今後ともよろしくご支援のほどお願い申し上げます。
皆様にも秋の実りが訪れますように!
いろいろ

平成29年度 田んぼアート 稲刈りのご案内

皆様のご支援をもちまして、今年も無事田んぼアートの展示をすることができました。
今年は場所を変えた効果もあってか、多くの方に鑑賞いただくことができました。

その締めくくりとして、田んぼアートの稲刈りと収穫祭を行います。

稲刈りにご参加の方には昼食をご用意いたします。
収穫祭では昔の農機具体験や餅つき、夕方には灯籠流しなどを予定しております。


スマートフォンやゲーム機が要らない気ままな一日をいかがでしょうか。
皆様ふるってご参加ください。


★日時と場所
稲刈り:2017年10月8日(日)10時より
集合場所:集合場所茨城県つくばみらい市下小目地区
Googleマップ


収穫祭:同日14時頃より夕方まで
集合場所:茨城県つくばみらい市寺畑地区 小貝川河川敷(伊奈橋そば)
Googleマップ

こちらのチラシも参照ください。


★ご用意いただくもの
稲刈り:汚れても良い服装、長靴、軍手、その他日焼け止めや虫除け
収穫祭:特にございませんが、河川敷は田んぼよりも風が冷たいので服装にご注意ください。


★参加費用
稲刈りに参加の方は、田植え分とは別に協力費をお願いしております。
また、一口で参加できる家族の人数は4名までを目安とさせていただきます。
こちらのチラシも参照ください。


今年も良い天気恵まれますように。
皆様にお目にかかれるのを楽しみにしています!

つくばみらい市 体験ツーリズムを開催しました

平成29年7月22日・23日(土・日)にて、つくばみらい市 体験ツーリズムを開催しました。

このイベントは、茨城県つくばみらい市の住み良さを知ってもらおうと企画され、東京都葛飾区からお越しの方を中心に16名の方々がお見えになりました。
梅雨明けの暑さが厳しい中お越しいただき、お礼申し上げます。

1日目は市内観光と懇親会、2日目はウナギ漁、流しそうめんを行いました。

1日目の市内観光では沈下橋でTV撮影にも使われる小目沼橋
日本でここでしか手に入らないチョコレートを販売するOPERAなど
昭和と平成をミックスした各所を巡りました。

懇親会は古民家松本邸にて行われ、野外BBQを楽しみました。
様々な話で深夜まで盛り上がりました。

2日目は早朝5時始動。目的は天然ウナギを捕まえることです。
昨夕に仕掛けた置き針を引き上げます。100の仕掛けを仕込んでも1匹捕まえれば幸運という天然ウナギ。見事1匹捕まえられました!
ウナギのほかにナマズも2匹捕まえられました。

当然、お昼ご飯は予定通りの流しそうめんと捕れたウナギ!
さばいて蒲焼きで美味しくいただきました。香りと食感が格別です。
ウナギがさばかれる様子

流しそうめんを流す樋は古民家松本邸の裏にある竹林から竹を切り出し、その場で作成。自然とふれあえる企画ならではです。
流しそうめんではそうめんのほか、つくばみらい市が指定する特産品みらいプレミアムから黒大豆の麺なども流れました。


お昼ご飯のデザートは採れたてスイカとOPERAのチョコレートでイベントは無事終了。
運営する側もつくばみらい市を勉強できるイベントとなりました。

このイベントがつくばみらい市を知る良い機会になれば幸いです。
またの企画をどうぞお楽しみ。
イベント写真集

1/7 >>